PFC-FD™

切らない関節治療 PFC-FD™療法とは

PFC-FD™療法とは、ご自身の血小板に含まれる「成長因子」を活用するバイオセラピーです。血小板が傷を治す際に放出する成長因子の働きを利用し、わたしたちに本来備わっている治癒力を高める治療法です。

PRP療法を応用した技術

ゴルフのタイガー・ウッズ選手や、野球では大谷翔平選手が怪我の改善に活用したことで話題になった「PRP(多血小板血漿)療法」がありますが、PFC-FD™療法はそのPRP療法を応用した技術です。

自分の血液を50ml採取し、厳格な管理がなされた施設で加工し、成長因子だけを取り出し、冷凍乾燥(フリーズドライ)させます。その後、傷ついた部位に注入することで自己修復を促し、痛みの緩和や傷ついた部位の機能改善を目指します。

変性疾患への活用

日本では、変性疾患(変形性膝関節症、足関節症等)や慢性腱炎(アキレス腱炎等)を中心に活用が始まっています。特に変形性膝関節症においては、人工関節手術の前段階の治療として確立されてきており、比較的変性が軽度で十靭帯損傷がない膝関節に良い適応が見込めます。ただし、ご自身の血液をもとに作成するため、自己修復能力により費用対効果が予測できないことがあります。また、この治療法は自費診療という枠組みのなかで行われているため、保険適用外の治療となります。

PFC-FD™療法で改善が期待できる疾患

最も活用されている疾患は変形性膝関節症です。その他に、腱板損傷・筋腱付着部の炎症・テニス肘・ゴルフ肘などが対象です。PFC-FDの注入によって改善効果が期待できる疾患は、下記のようになっています。

大別 対象部位 疾患名称例
変形症関節症
膝・足関節
肘・肩関節
変形性膝関節症・変形性足関節症
変形性股関節症・変形性肩関節症
靭帯損傷
膝・肘
野球肘
肘関節靭帯損傷
足関節靭帯損傷
腱炎
膝・足関節
肘・手関節
膝蓋腱炎
アキレス腱損傷(周囲炎)
腱鞘炎
足底筋腱炎
その他
外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)
鵞足炎(膝)
肩関節周囲炎などのスポーツ障害

*他の治療法であまり効果がなかった方や手術はできるだけ避けたい方はご相談ください。

PFC-FD™療法 診療のながれ

診療のながれ STEP1

 STEP1 

関節の痛みや違和感の程度、これまでおこなってきた治療についてお伺いします。

診療のながれ STEP2

 STEP2 

自己血液を約50ml採取し、厚生労働省認可の細胞加工センターに送り、検査・加工します。

診療のながれ STEP3

 STEP3 

約3週間後、関節に血小板由来の成長因子を注射します。

費用について

PFC-FD™療法は、保険適用外の治療方法です。
費用は198,000円(税込)です。

こちらの治療について関心のある方は当院へお問い合わせください。


※PFC-FD™は、セルソース株式会社の提供する商標です。